どろんこ教室

どろんこ教室

毎月のイベントの様子。

村長の部屋

村長の部屋

村長の独り言。

連絡簿(ブログ)

ほどがや☆元気村  > 知恵袋 目次 > 知恵袋

知恵袋目次へ

2017年10月28日2017年(平成29年度)
春植えた一株の苗は秋にいく粒の実を付けたでしょう

お米の実りについて、みんなで調査した結果をまとめてみよう

○一株の稲はいく粒の実を付けたでしょうか

(モチ米)
平成27年度 1540粒    
平成28年度 1870粒
平成29年度 1463粒

○1株当たりの稲穂の本数の調査

方法: 5株の稲を5グループで観察した平均値です。(総サンプル数25)
前提: 一株は4本の苗(苗1本は一粒の種から育った)
(すでに分けつし、増えていても1本として植えた)

平成27年度 1株の稲に付いていた稲穂は14本
平成28年度 1株の稲に付いていた稲穂は14.5本
平成29年度 1株の稲に付いていた稲穂は15.4本

平成27年度 1本の稲穂には110 粒の籾(もみ)
平成28年度        129 粒の籾
平成29年度         95 粒の籾

記入:宗本

2017年08月01日元気村 田んぼの微生物 3

写真拡大 ホウネンエビ

倍率 ×0.8

体長 8.5mm
   (通常15~20mmまで大きくなる)

節足動物の甲殻類で遊泳脚のみを持つ

田んぼで乾燥する時期には乾燥卵として保護され、
水で満たされると生まれ、泳ぎ出す。  

記入:宗本

2017年08月01日元気村 田んぼの微生物 2

写真拡大 カイミジンコ

倍率60倍

体長 1mm程度

記入:宗本

2017年08月01日元気村 田んぼの微生物 1

写真拡大 田んぼの水にはミジンコがいました

倍率60倍で撮影

体長1mm程度

記入:宗本

2017年05月13日貴重な植物 カザグルマ

写真拡大 元気村の湧水付近で、背丈より少し高いところに、
白く輝く美しい花が見られます。

名前は「カザグルマ(風車)」
沢や湧水地などの湿った場所にごく稀に自生するつる植物です。

キンポウゲ科センニンソウ属
環境省レッドデータブックでは、
絶滅危惧II類(VU)(絶滅の危険が増大している種)
とされています。

希少な植物を間近で観察できるなんて、
元気村の豊かな自然を感じずにはいられません。

               2009年の記録より

記入:宗本