どろんこ教室

どろんこ教室

毎月のイベントの様子。

村長の部屋

村長の部屋

村長の独り言。

連絡簿(ブログ)

ほどがや☆元気村  > みんなの日記 目次 > みんなの日記

みんなの日記目次へ

2020年11月17日みんなの観察記録から 
脱穀・籾摺り・精米、サツマイモの収穫

青組 4年
牛乳パックで米をまずとるところがむずかしかったです。又、玄米にするとき皮をとばすところができませんでした。わたしは、昔の人々がしていたことができて、うれしかったです。わたしは、昔の人々がどのようにして生活していたか知れてうれしかったです。またやりたいです。
黄組 4年
脱穀を牛乳パックでやる時、意外にも力がいってむずかしかったです。籾すりも籾をとばすのがむずかしくなかなかうまくいきませんでした。また、さつまいも掘りでは大きいものやずっと下にのびているものなどありました。
黄組
うまく脱穀ができてうれしかったです。おいしいお米ができるといいです。
青組 4年
脱穀や籾すり、精米は機械でやると簡単だけど手でやるととてもむずかしいことがわかりました。

記入:IMIN

2020年11月16日サツマイモ収穫

写真拡大 緑組 6年
さつまいも掘りで、長いのはいっぱいとれたけど、大きいさつまいもがなかったのが残念でした。

*そうなんです。今年のサツマイモはまさにこの絵のような細長いのが多かったのです。
気候、土、肥料・・原因は色々考えられるようですが、農業の難しいところですかね。

記入:IMIN

2020年11月16日籾摺り・さつま芋の収穫

写真拡大 青組  5年
ボールを使ってもみすりをしました。
うまく玄米をつくることができました。
さつまいもがたくさんとれました。蒸かし芋とスイートポテトを作ります。

*いいなあ・・・スイートポテト、おいしくできたかな?
大根も観察してくれたんだね。

記入:IMIN

2020年11月16日脱穀

写真拡大 黄組 5年
気が付いたこと、脱穀をするときの押さえる位置が図Aより、図Bの方がやりやすかった。
良かったこと、さつまいもがツルを埋めて作っていることを知れて良かった。

*なるほど、色々な方法を試してくれたんだね。
 押さえている手、引き抜いている手が上手く描けていて、これを見ればどうやったのかよく分かりました。

記入:IMIN

2020年11月16日脱穀・籾摺り・精米

写真拡大 赤組 4年
1.少し力が必要で引っかかる所もあったけど、成功した時は「プツプツ・・ザラザラ」など音がして、とても気持ち良かったです。
2.「ゴリゴリ」と少し力を入れてボールを回すと段々白くなっておもしろかったです。「フー」と息をかけるのも、力加減が大変でした。
3.棒を押すともみすりの時よりも、もっと白くなっていて、下の方にぬかがたまっていてびっくりしました。

*私も初めて牛乳パックで脱穀をしたとき「オウ!気持ちいい」と思いましたよ。脱穀から精米までの過程がよく分かる記録だね。感触が伝わってきます。

記入:IMIN