どろんこ教室

どろんこ教室

毎月のイベントの様子。

村長の部屋

村長の部屋

村長の独り言。

連絡簿(ブログ)

ほどがや☆元気村  > 今日の元気村 目次 > 今日の元気村

今日の元気村目次へ

2017年06月10日ほどがや☆元気村 活動日誌(16)
テーマ 第4回どろんこ教室(田植え)
実施日:6月10日(土) 9:00~13:00   
場 所:元気村農場

写真拡大 参加者:元気村実行委員26名、D教室生徒37名(父兄約25名)、  元気村指導者 三村氏、
◇ 保土ケ谷区役所 菅井区長、地域振興課 鈴木係長、柿内職員 
< 活動内容 >
1.実行委員、8:45集合、① 設営、受付・更衣室用テント設置・手足洗い用水準備『湧水を水中ポンプで配水・水道水をタンクで配水』、
② 行事の進行順序等打ち合わせ、友田副村長より基準紐の位置決め方法の説明・行事担当割り振り等
2.D教室開催: 9:30~11:20 司会進行 D教室担当 青木副村長
 1) グループ毎に集合:前回の観察日誌も見ながら、代掻きの感想等話し合い
 2) 全体集合:朝礼 9時40分~
  ① 挨拶 元気村 泉村長、暑さ対策:日照と暑さ、体調異常に本人・周辺の人も気配りして下さい。
② 菅井区長挨拶 本日は保土ケ谷区唯一の田んぼで行う田植えです。遊びではなく学ぶ場所です。
色々な準備をして頂いた実行委員の皆様・地主で指導者の三村様の御協力に感謝致します。
  ③ 三村先生より、牛乳パックで育てた苗を植える様にする準備、田植えの方法と注意事項について説明
 ④ 田植えの練習、グループ毎に教わった植え方を、苗を用いて泥土のバケツに植える練習を行った。
3)田植えの体験、10時~
前回の代掻きで泥田の感触は体験済みであったが、田圃へ張った目印の紐を見て緊張したのか動きはか
なりぎこちない。『紐を前に横一列に並び、左手に持った苗の束から右手に4本の苗を持ちかえて紐の目
印の所へ3株植える(3回繰り返す)。植え終われば一歩後退してそれを繰り返す』文章で表現すると難
い事ではないが、泥田の中で足元が不安定な事もあり、4本数える事、目印へ垂直に苗を差し込む事。
直近にいる実行委員から手ほどきされたが慣れるまでにかなりの時間を要した。しかし20~30分後に
は全体の動きも揃い目的の面積を植える事が出来た。
田植え体験には区地域振興課鈴木係長・柿内職員も参加された。
4)講評 三村先生 (手足を洗い全員集合)
  先生が「田植えの感想は・楽しかったと思う人と問いかけると、多くの生徒は楽しかったと挙手。稲がどのように成長していくか、稲に元気かと話しかけながら観察して下さい。
 5) 次回の行事(7月8日)の内容・服装等、配布済み予定表の内容を確認し11時20分終了。
3.実行委員
 D教室生徒の植え残した田圃で田植えを行い小休止。後片付け。
次回の活動(6月14日)と蛍観賞会(6月15日)を確認して13時に無事終了、
* タウンニュースの取材有り

 実行委員参加者(50音順)
青木、生末、石井、石倉、泉、稲垣、金子、菅野、齊藤、佐藤、篠崎、下山(信)、杉本、田邉、友田、
中井、夏目、西河、畑、平島、福沢、福士、藤田、堀井、宗本、若島        記録 佐藤

記入:宗本

2017年06月09日ほどがや☆元気村 活動日誌(15)
テーマ どろんこ教室(田植え)の準備 
実施日:平成29年6月9日(金)14:00~14:50
 ・ 15:15~16:15
場 所:三村指導者の農場 ・ 元気村農場

写真拡大 出席者:実行委員12名、 三村指導者 
 
 < 活動内容 >
1.稲の苗とり
   苗を2~3本ずつ抜いて、束ねていく作業

2.代かき 
苗とりが終了し解散後、元気村農場に寄ると、上の田んぼに水がなく、土が乾いてひび割れしている状態だったため、急遽、立ち寄った実行委員と三村指導者で代かきのやり直しを行った。

実行委員参加者名(50音順)
  青木、生末、石井、泉、佐藤、下山(信)、下山(洋)友田、中井、畑、福士、福澤                 
記録 石井

記入:宗本

2017年06月08日ほどがや☆元気村 活動日誌(14)
テーマ どろんこ教室(田植え)の準備 
実施日:平成29年6月8日(木)14:00~17:00
場 所:元気村農場・ 三村指導者の農場(苗とり)

写真拡大 出席者:実行委員9名、 三村指導者 
 
 < 活動内容 >
1. 基準紐の手直し
2. 基準紐の設置
等間隔で田植えが出来るよう、基準紐(固定紐)を田んぼに設置した
3. 苗とり(16:00~)
  
 
 ★今日の元気村
天気予報では、午後も雨が降ったりやんだりの予報でしたが、農場に集まってから天気は良くなり、青空となりました。苗とりは明日に延期していますが、今日も出来る範囲で行うことになり、元気村農場での準備終了後、三村指導者の畑に移動し、苗とりを行いました。苗の抜き方、束ね方の指導をもらいながら、約1時間行いましたが、まだ途中、明日(6/9)も頑張りましょう!

  実行委員参加者名(50音順)
  青木、生末、石井、泉、斉藤、佐藤、友田、畑、藤田                  
記録 石井

記入:宗本

2017年06月03日写真2 現代の農業

写真拡大 トラクターによる代掻き

記入:宗本

2017年06月03日ほどがや☆元気村 活動日誌(13)
テーマ  第3回どろんこ教室 代掻き         
実施日:6月3日(土)9時00分~11時50分、
場 所:元気村農場

写真拡大 参加者 :元気村実行委員23名 三村指導者 どろんこ教室:生徒42名 保護者約20名
 < 活動内容 >
1、どろんこ教室準備(実行委員)9時00分~
①設営:更衣室用テント、手足洗い用水の準備『(タンク用水)と(湧水汲み上げ水中ポンプ設置)』
②代掻きする田んぼへポンプで配水、 ③受付、④実行委員朝礼 本日のどろんこ教室内容等の確認
2、第3回どろんこ教室 9時30分~ 司会進行 青木副村長 どろんこ教室担当
①前回のどろんこ教室を省みて グループごと、田おこし体験等観察日誌を見ながら話し合い。
②友田副村長 今日の代掻きは何の為に行うか その目的と実施方法を説明。
③三村指導者 自宅で育てた苗の生育状況は如何にと問いかけ。柔かい畔をふみ崩さない為に、進入
禁止地域・ロープの中には入らない。田圃への出入りも決められた場所からと注意事項を指導。
④代掻き体験 9時50分~ 
グループ毎に決められた場所に入り、みんなで手をつなぎ横一列になって足踏みで土を砕きながら
進み、田圃の端に達すると方向を変えて進み、田圃の底の穴をふさぎ、土の塊を泥土に変えた。
⑤お楽しみ 泥田のかけっこ グループ別リレー グループ別に田圃を懸命に走った。
⑥トラクターによる代掻きの見学 トラクターで行う現代農業の力強い代掻きを見学した。
⑦まとめ 手足を洗い、着替えをして集合、今日の代掻きは楽しかったという声が聞かれた。
次回6月10日(土)どろんこ教室は田植え、家で育てた苗の持参等を確認、
11時30分 終了・解散
3、実行委員
①田圃のならし:代掻き後の田んぼを15㌢角・2.5㍍長の木材を引いて水平に均した。
②後片付け:トラクターの水洗い、水中ポンプ撤収、テント撤収、洗い場等後片付け。
③今後の予定確認 6月8日(木)13時から田植えの準備(雨の場合9日に延期)
田植えの基準紐のメンテナンス・基準紐を田圃へ設置・田植え時に於ける基準紐の引っ張り方等
取り扱い方を現場で確認する。その後、三村指導者農場で稲の苗とりを行う。
11時50分 本日のどろんこ教室終了

 実行委員参加者(50音順)
青木、秋本、生末、石井、泉、稲垣、金子、菅野、齊藤、佐藤、篠崎、下山(信)、下山(洋)、
田邊、友田、中井、夏目、西河、畑、福士、藤田、堀井、宗本、 
 記録者 佐藤

記入:宗本