どろんこ教室

どろんこ教室

毎月のイベントの様子。

村長の部屋

村長の部屋

村長の独り言。

連絡簿(ブログ)

ほどがや☆元気村  > 村長の部屋 目次 > 村長の部屋

村長の部屋目次へ

2010年03月23日平成21年度 元気村どろんこ教室が終了しました

写真拡大 3月13日(土)の「じゃがいも植え付け」で21年度元気村どろんこ教室が終了しました。

年間13回のどろんこ教室に皆勤参加した5年生の高梨遥菜さんから感想文が寄せられました。
お米作りについては、私よりもしっかり体験学習が出来ているようで驚き、嬉しくも思いました。
私たち、実行委員(ボランティア)の22年度からの活動に向けて大きな励みになる便りを紹介して
今年度の「村長の部屋」からの発信は終了します。

2010年02月04日2010年新春

写真拡大  2010年も早くも一ヵ月すぎました。
そろそろ「ひとり言」に何を発信しようかと考えていました。
12月の大根収穫を最後に元気村の仲間は、春を待つ「レンゲ」だけになっています。
そんな1日夜間からの初雪は、元気村を写真のような白銀の世界に。
これはこれで、美しいな景色です。
 その日の夕方、気になっていた日本相撲協会の理事選挙の結果が伝わりました。
貴乃花親方の危機感が「日本」を返上しなければならない相撲協会を救う、
『白星』と重なる初雪と感じました。

☆☆☆☆☆☆
 篠崎顕一
☆☆☆☆☆☆

2009年12月31日『新年を迎えて』

写真拡大 あけましておめでとうございます。
昨年4月25日に開村した「ほどがや元気村」も暮の大収穫祭を最後に一年間の計画された農作業、行事等を終えて静かに新しい年を迎えています。
 既に22年度のボランティア養成講座、どろんこ教室募集等の準備が始まっています。

一年目の経験を生かし子供たち、ボランティアの方々、また関係者の皆様と力を合わせ、 楽しい元気な「ほどがや元気村」づくりに取り組んでいきたいと思っています。

☆☆☆☆☆☆
 篠崎顕一
☆☆☆☆☆☆

2009年12月16日『来年こそは』

写真拡大 「村長さんガンバレ!」子供たちの声援に笑顔で応え、生まれて初めての餅つきへの挑戦。態度、笑顔とは裏腹に心臓がドキドキ。事前に三村さんから指導された『杵の重みを利用し、腰でつく』のイメージを何度も思い浮かべる。「ヨイショ!」「ヨイショ!」の掛け声に合わせ、5回、6回・・・杵が餅にくっつく、力任せに持ち上げる、その力で振り下ろす。10回、20回、もう限界。
子供たちの笑い声と拍手に大満足?だったが、翌々日、ホームページの「どろんこ教室」(2)ハッピー書入れの写真を見て愕然。肩に力が入り、へっぴり腰。考えていたイメージとは結びつくところは一か所もなし。
やっぱり、挨拶と子供たちと一緒に掛け声ぐらいが相応かと考えもしたが、この楽しい収穫祭を2年目も盛り上げるために、まだ太ももに残る筋肉痛を感じながら『来年こそは』と独り言。
ハッピー来年を見ていてください。

☆☆☆☆☆☆
 篠崎顕一
☆☆☆☆☆☆

2009年11月24日「静かな元気村も素敵です」

写真拡大 元気村での稲刈りは、無事に楽しく終わり、脱穀・もみすりからワラ細工と室内でのイベントが続きました。これからのフォーラム(ななぶん祭り)・大収穫祭・来年度の運営体制等々私のキァパの狭い頭の中は元気村でいっぱいです。
何となく、このページの投稿に気持ちが乗りませんでした。
今日久々に一人で元気村へ出かけました。稲刈り後の静かな田んぼには、みんなでまいたレンゲの芽が出てきています。大根は収穫を待つばかりに太く立派に育っています。
三村さんの手入れはあるものの、自然に感謝しながら作物も精一杯自力で成育しているような静かな元気村です。暫くこんな情景を見ていたら、気持ちが晴れて元気がわいてきたような気になりました。レンゲの芽と大根の写真も取り、爽やかな気持ちでホームページのキーを打っています。
「静かな元気村」もとても素敵です。